絶対借りれる

審査に通らない理由

確実にカードローンの審査に通るには、まず審査に通らない理由を考えておいたほうが得策でしょう。審査に通らない理由は複数ありますが、一番多いのは借り入れ件数が多い多重債務者です。

そういった多重債務者は、借金支払いのための借り入れであると疑われますので、審査はより厳格になってしまいます。

キャッシング一覧

たとえ審査の際に借金を少なめに申告していても、信用情報機関のデータによってすべて判明してしまいますので、そういった虚偽の申告は控えたほうがいいでしょう。

勤務先の勤続年数はさほど重要に調べたりはしませんので、多少は長めに申告してもいいかと思います。少なくとも一年以上の勤続年数が欲しいところです。

現在の居住地が持ち家か賃貸なのかも重要な判断材料となります。説明するまでもなく持ち家のほうが審査に有利となります。しかし、賃貸で同じ場所に住んでいる方などは、毎月きちんと家賃を収めているということなので、信用度はアップします。

ネットでの申込みでは人間性などの判断は出来ませんが、窓口での申込みの場合は、人と人との対面ですので人間性なども加味されます。誠実性を出すことが大事です。よって、審査はどちらかというと窓口審査のほうは優しいのかもしれません。

審査のポイント

金融業者からキャッシングをするには、まず審査を通過する必要があります。それがキャッシングの第一関門です。審査の際に一番重要な項目は、本人の支払い能力です。つまり定職に就いていて毎月決まった収入があるという前提です。そういった収入がない無職は、絶対審査には通りません。

一番信用の高いのは公務員や大企業といった職種ですが、決まった収入のあるアルバイトやパートでも審査には通ります。収入が多ければ多いほど信用も高くなりますが、その中に占める支払い額が多ければ、逆に信用も低くなってしまいます。

総量規制の施行後、年収の三分の一以上の借り入れは出来なくなりましたので、年収が300万円の方は100万円以上の借り入れが出来ないということです。

場面

総量規制とは

改正貸金業法により、年収の1/3を超える借り入れが規制されました。これは多重債務者を事前に防ぐのことが目的ですが、この改正により仮に年収が300万円の人は、100万円までが借り入れの限度額ということになります。

もしも今現在、年収が500万円で、借入総額が400万円あるような方は、追加の融資が事実上不可能という判断になってしまいます。他社からのキャッシングで毎月の支払いをしている方などは、追加での融資が不可能なため、返済が不能状況となってしまいます。

多重債務の方にはかなり痛手の法改正といえるでしょう。総量規制は以下の4つの項目に分類されます。

1.借り入れ総額
消費者金融会社などの貸金業者からの借入総額は、年収の3分の1までに制限。

2.上限金利の引き下げ
以前は29.2%であった上限金利が、20%〜18%に引き下げ。

3.専業主婦の対応
配偶者貸付も規制の対象。夫婦合わせた年収の3分の1が借入額の上限に設定され、配偶者の同意と住民票などの夫婦関係を証明する書類の提出義務も付与されます。

4.年収証明の提出
借入総額が3分の1未満の方でも、1社から50万円超あるいは複数の金融会社から100万円超の借入金が存在する場合、源泉徴収や直近2ヶ月の給与明細などの年収証明の提出が必要。

当サイトの利用概要